自然の資源・エネルギーを利用する

 石油をはじめとする化石資源はいづれは枯渇し、また、原子力発電のウランなどの鉱物資源においても同じく有限な資源であって、枯渇する資源です。

 

石油資源はあらゆる分野において便利さ与えてくれはしたものの、エネルギーとして利用すれば二酸化炭素を排出し、製品では廃棄物として環境に悪影響を与えるものです。 また、資源のピークを期に価格の高騰も必ずや訪れるものです。

原子力においては、安全利用といわれているものの、再処理工場、高速増殖炉、地震・津波への原発対応等への危険性、使用済み核燃料の安全な保管にも長い年月と莫大な費用が掛かります。

 

こうしたことを踏まえ、また地球の住人として自覚を持ち、私たちは自然のエネルギーを利用した営みを進めていくことが、自明の理とされます。

 木質バイオマス利用

 私のところは先祖代々受け継いできた山林があり、先祖が大切に育ててきた木材を利用して住まいをつくっています。

また、建築としての木材の他、燃料エネルギーとなる薪になる木材も山にあります。

その木材(薪)を、給湯や暖房のエネルギーとして利用し、同時にそれらの設備を備えた利用者に安価な薪の供給体制も築きます。

 

 ● ウッドボイラー

木質バイオマスエネルギーである薪の有効利用により、快適な生活と省エネを実現する、新しい給湯・暖房システムです。 

 ● 薪ストーブ

近年人気の高まりが目立つ、身体の芯から暖まり、広い空間を暖房することができる、癒しの暖房設備です。

 ● 薪供給システム

自社所有の山林に蓄積の木材(燃料薪)を、安価で手軽に消費者へとお届けできるつながりづくり。

 

私どもは「太陽光」「風力」「小水力」「重力」などの自然エネルギー利用などについても日々研究努力を積んでいますが、ここでは私どもの一番の持ち味である「森林・木材(木質バイオマス)」におけるエネルギーを、特筆して取り上げています。


 自然エネルギー利用

  省エネ・快適・健康

少ないエネルギーで、夏涼しく冬暖かな、空気が気持ち良いハイセンスな住まい

  • 光熱費を1万円以下に抑える
  • 冬はどの部屋も同じ暖かさ
  • 夏でもエアコンに頼らない
  • 梅雨時の湿っぽさがない
  • 子供たちがごろ寝する床
  • 自然素材で空気が気持ち良い

☆☆☆ What's new! ☆☆☆

  究極のエコ住宅

無垢の木と 塗り壁と パッシブデザインの家づくり

地域の自然と文化・伝統・技術を考慮した、昔ながらの伝統的な家づくりを大事にしながら、進化しつつある現在の材料や技術を学び、持続が可能な究極のエコ住宅を目指したところ、自立循環型住宅の「パッシブデザイン」の住まいづくりです。

 

パッシブデザインとは、

建物に採り入れられる自然エネルギーを最大限に生かし、人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

 

設計の段階から、地域特有の自然を考慮し、取り入れるべきもの、遮るもの、相応しい建物の性能を考えて、暮らしの心地よさを生み出し、同時に、省エネや光熱費削減につなげる家づくりのあり方です。 

 松島匠建 株式会社

 本物注文住宅設計・施工

■みどり本社事務所

 〒376-0103

 群馬県みどり市

 大間々町下神梅245-5番地

 TEL:0277-46-8041

■東町木材ストックヤード

 〒376-301

 群馬県みどり市東町沢入986

  設計・施工のエリア

群馬県みどり市・太田市・桐生市

   前橋市・伊勢崎市・高崎市

   館林市・安中市・渋川市

   沼田市・富岡市

   他群馬県内の各町村

栃木県日光市・宇都宮市・足利市

  佐野市・他栃木県内各市町村