どこに窓を設けるか?

 「南の窓」は、太陽の光を家の中に取り込むことの基本

 南側に窓を設けることは、太陽の光を取り込むことの基本です。

太陽から地面に届く光には、直接届く光(直射光)の他に散乱光があり、直射光と散乱光を合わせたものを全天日射と呼び、これはパッシブデザインを理解する上では不可欠なことです。

全天日射のうち直射光が占める割合が多いので、南側にいるお陽さまの光を取り入れるために、まずは南側に窓を設けるのです。

 

このように南側に窓を設けることは、パッシブデザインの基本的なルールなのですが、それだけでは十分に明るい家になるとは限りませんし、また1面だけに設けた窓では、風が通らないのです。

これらのことを十分に踏まえ、窓から自然のエネルギーを十分に取り込めるよう、窓におけるパッシブなデザインを進めていくことです。

 

 「北の窓」も、とっても大事なこと

 北側に窓を設けることにより、まずは、散乱光や反射光によって北側の部屋が明るくなります。

これはパッシブデザインにおいて「北側の部屋をいかに明るくするか?」という重要なテーマを解決する大きな役目を果たします。

南側の部屋と北側の部屋では、どうしても明るさや暖かさで大きな格差が生じるものですが、パッシブデザインの基本は、いつでもどこでも心地良い住まいです。

北側の部屋においても心地よさをつくるために、北側の窓は大切なことです。

 

そして北側に窓を設けることにより、もう一つの重要なテーマである「いかに家の中に風を通すか?」についての解決を果たします。

風の出入り口となる窓の配置を考えるのは勿論ですが、家の中のどの場所に風を通すか同時に考えないといけません。

南北に窓を設けることで、家の中の風の流れが見えてくるようになり、それを具体的にどんな流れにするかを十分に検討しながらプランニングすることが求められるのです。

 

  省エネ・快適・健康

少ないエネルギーで、夏涼しく冬暖かな、空気が気持ち良いハイセンスな住まい

  • 光熱費を1万円以下に抑える
  • 冬はどの部屋も同じ暖かさ
  • 夏でもエアコンに頼らない
  • 梅雨時の湿っぽさがない
  • 子供たちがごろ寝する床
  • 自然素材で空気が気持ち良い

☆☆☆ What's new! ☆☆☆

  究極のエコ住宅

無垢の木と 塗り壁と パッシブデザインの家づくり

地域の自然と文化・伝統・技術を考慮した、昔ながらの伝統的な家づくりを大事にしながら、進化しつつある現在の材料や技術を学び、持続が可能な究極のエコ住宅を目指したところ、自立循環型住宅の「パッシブデザイン」の住まいづくりです。

 

パッシブデザインとは、

建物に採り入れられる自然エネルギーを最大限に生かし、人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

 

設計の段階から、地域特有の自然を考慮し、取り入れるべきもの、遮るもの、相応しい建物の性能を考えて、暮らしの心地よさを生み出し、同時に、省エネや光熱費削減につなげる家づくりのあり方です。 

 松島匠建 株式会社

 本物注文住宅設計・施工

■みどり本社事務所

 〒376-0103

 群馬県みどり市

 大間々町下神梅245-5番地

 TEL:0277-46-8041

■東町木材ストックヤード

 〒376-301

 群馬県みどり市東町沢入986

  設計・施工のエリア

群馬県みどり市・太田市・桐生市

   前橋市・伊勢崎市・高崎市

   館林市・安中市・渋川市

   沼田市・富岡市

   他群馬県内の各町村

栃木県日光市・宇都宮市・足利市

  佐野市・他栃木県内各市町村