次世代省エネルギー基準のクリアー

「次世代省エネルギー基準(平成11年省エネルギー基準)」とは、日本の住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたものです。

この基準は昭和55年に初めて定められ、平成4年に一度改正されましたが、21世紀の住まいづくりに照準を合わせて平成11年に全面的に改正されました。

 

 弊社のスタンスは?

我々つくり手や住まい手にとって、この基準は一つの「目安」であって、目的は「省エネルギーと快適性、そして健康」です。

この目的は、弊社(松島匠建)にとっても、家づくりの大きな目的(大前提)でもありますので、当基準を大幅にクリアーすることは当たり前と考えています。

 

ちなみに次世代省エネ基準におけるQ値(旧Ⅳ地域)は2.7(W/㎡K)ですが、

弊社の標準的な断熱設計のQ値は1.8(W/㎡K)です。

 

 次世代省エネルギー基準

次世代省エネルギー基準は、住宅に使われる暖冷房エネルギーに関する省エネルギー性について、断熱・日射遮蔽などの建築的な省エネルギー手法を中心とした基準です。
断熱性能以外にも、基準が決められています。

【断熱】 より厚い断熱材で家全体を包み、断熱性能を大幅に強化します

・断熱性能を強化
・開口部の断熱性能強化 
・気流止めの施工

【防露】 湿気の進入を防止すると同時に湿気を排出する対策をします

・防湿層への施工
・通気層への施工
・乾燥木材の使用

【冷暖房】 快適な室内環境と省エネルギーを考えた設備を選択します

・室内空気汚染の防止
・適切な能力の確保

【通風】 通風経路を考えて開口部等を配置します

 

 次世代省エネルギー基準のメリット

次世代省エネルギー基準の住宅は、しっかり断熱気密された住まいです。 その結果、室内及び室内上下の温度差が小さくなる、一日の温度差が小さくなる、暖房・冷房の効きがよくなる、などのメリットがあります。

 

また、地球の温暖化防止につながり、暖冷房のエネルギーを減らすことができるので、CO2の排出量の削減に貢献します。 旧省エネルギー基準レベルの家を次世代省エネルギー基準の家にすると、1年に1510kgのCO2排出量を抑えられます。 これは、ブナの木137本が1年間に吸収するCO2量に相当します。

 

  省エネ・快適・健康

少ないエネルギーで、夏涼しく冬暖かな、空気が気持ち良いハイセンスな住まい

  • 光熱費を1万円以下に抑える
  • 冬はどの部屋も同じ暖かさ
  • 夏でもエアコンに頼らない
  • 梅雨時の湿っぽさがない
  • 子供たちがごろ寝する床
  • 自然素材で空気が気持ち良い

☆☆☆ What's new! ☆☆☆

  究極のエコ住宅

無垢の木と 塗り壁と パッシブデザインの家づくり

地域の自然と文化・伝統・技術を考慮した、昔ながらの伝統的な家づくりを大事にしながら、進化しつつある現在の材料や技術を学び、持続が可能な究極のエコ住宅を目指したところ、自立循環型住宅の「パッシブデザイン」の住まいづくりです。

 

パッシブデザインとは、

建物に採り入れられる自然エネルギーを最大限に生かし、人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

 

設計の段階から、地域特有の自然を考慮し、取り入れるべきもの、遮るもの、相応しい建物の性能を考えて、暮らしの心地よさを生み出し、同時に、省エネや光熱費削減につなげる家づくりのあり方です。 

 松島匠建 株式会社

 本物注文住宅設計・施工

■みどり本社事務所

 〒376-0103

 群馬県みどり市

 大間々町下神梅245-5番地

 TEL:0277-46-8041

■東町木材ストックヤード

 〒376-301

 群馬県みどり市東町沢入986

  設計・施工のエリア

群馬県みどり市・太田市・桐生市

   前橋市・伊勢崎市・高崎市

   館林市・安中市・渋川市

   沼田市・富岡市

   他群馬県内の各町村

栃木県日光市・宇都宮市・足利市

  佐野市・他栃木県内各市町村