「無垢をふんだんに使った自然素材の健康な住まい」 と、

「高断熱・高気密で住宅性能の高い省エネな住まい」 は、

   これまで対極にあった家づくりの形でしたが、

 群馬の小さな地場工務店がその常識をくつがえした

この 「無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくり」 とは?

1. 始まりは地場の木と自然素材へのこだわり

木を育て山を守る林業の家に生まれ、小さい頃から自然とのかかわりを深めて育った、松島匠建の代表の松島克幸です。 木にこだわりを持ちながらも、林業が時代の波に取り残され、一時は林業を捨てサラリーマンの道を選んびました。 しかし、33歳でタイの若者と日本の白壁の住まいに閃きを得て、一念発起の木にこだわった家づくりの道に進みました。

2. 地場の木を活かす“天然乾燥”と“無垢の木現し”の家づくり

以来、我が家の木を伐り、構造材に製材して天然乾燥させて、そのストックを毎年重ね家づくりに活用することを始めました。 木材を使っても壁で覆い最後に天井を張てしまっては、生きている木の良さを活かすことができないので、構造材はできる限り見せるようにして、床や天井には無垢の板を、そして壁には呼吸する塗り壁を使う、そんな家づくりを進めてきました。

     

群馬の夏は暑い!そして冬は寒い!

「自然の気候だからと暑さ寒さを我慢して暮らす」そんな住まいで良いのか?

      そこで

無垢の木と塗り壁の家づくりに加えて

「パッシブデザイン」という発想、そして取り組み!

3. まずは冬寒くない家をつくるこ

断熱と気密を高めた住まいは「息苦しくてひ弱な人間を育ててしまうのでは」と、自然志向からはそんな発想になりがちですが、それが実はまったく違っていました。 詳しい話は省略しますが、断熱・気密の高い冬暖かい家は、アレルギーや喘息の改善を始め、健康で長生きできる本当に必要な住まいの性能なのです。 「本物の自然素材の家に断熱性能や気密性能は不要」という業者も少なくありませんが、それはまったくの勉強不足なのです。

4. 出来る限りエネルギー消費の少ない家をつくる

3.11以降、省エネ・創エネの必要が高まっていますが、私どもはそれ以前から「ピークオイル」を意識し、限りある資源を無駄に消費しない考えできました。 また、住宅においても特に大手ハウスメーカーでは省エネ・創エネ化が進んでいますが、私どもではエネルギー消費ゼロの取り組みを早くから考えてきました。 その技術と知識は、地場工務店の持つ最高レベルのものです。

     

「凄い!」「素敵だ!」と同業者でさえも驚く

無垢の木と塗り壁の内観!

     そして

大手メーカーに勝る住宅性能

Q値=1.5(W/㎡K) / C値=0.6(C㎡/㎡)

耐震等級3 / 耐風等級2 (一般は等級1)

5. 呼吸する素材で健康的で心地良く

「百聞は一見に如かず!」であって、この無垢の木と塗り壁の実際の住まいを見学されると、ユーザーさんは勿論、同業者もの方たちも驚きの言葉を放ちます。 無垢の木と自然素材の良さを求める方であれば尚更であって「ステキ!」を連発します。

6. 付加断熱(充填断熱+外張り断熱)で完璧な断熱・気密性能

住まいの断熱方法には大きく分けて、充填断熱と外張り断熱の二つの方法があり、どちらも一長一短のメリット・デメリットがあります。 また、例え断熱性能を高めても気密が悪ければ、その断熱性能を発揮することができませんし、断熱材の施工方法においても、正しい施工方法でなければ同じく、数値通りの断熱性能を発揮できません。 しかし私どもは、充填断熱+外張り断熱の付加断熱で、大手に負けない断熱施工と断熱性能を実施しています。

     

実際にお客様も大喜び!

賃貸(アパート)住まいの時よりも光熱費は10,000円の削減!

小さな工務店だからできる このお客様満足の家づくり

ご予算!こだわり!家づくりに必要な一つ一つをじっくりと納得の上で進める

7. 「納得と満足」何よりもお客様の喜びが証明

住まいの心地良さ、快適性、使い易さは勿論の事、光熱費を借家住まいの同時期と比較してみれば、何と約10,000円ほど削減しましたと、二重三重の喜びの声が聞けます。 新居はアパート住まいに比べてその広さは二倍近くなり、一般的に光熱費は増加するものなのですが、その逆です。 太陽光発電を設置するものならば、これが更に削減となります。

       

この「無垢の木と塗り壁とパッシブデザイン」の家づくり 松島匠建へのお問い合わせは

     

 設備機器に依存することなく、自然の力を取り入れ・・・

 今、普通に家を建てると 

  建物と自然を切り離し、設備に頼る家づくりになってしまいます。

 

 設備が故障したり、エネルギー供給がストップしたら

  便利さも快適さも、全てが失われ、その無力さに打ちひしがれることでしょう。 

 

 「本当に心地よい住まい」とは、極力設備機器に頼らずに

  建物の工夫により自然とつなげ、心地よさを導く家づくりです。

 

 その地域、その敷地の風や太陽を知り、

  心地よさをつくりだすのが「パッシブデザイン」という住まいのあり方です。

  

 少ない消費エネルギーで、四季を通して自然の心地よさを・・・

 寒い冬には、南からの傾いた陽射しを取り入れると共に、

  外の寒さを遮り、暖めた熱を逃がさない外皮の工夫で、

   無理のない心地よい暖かさを確保する。

 

 暑い夏には、強い陽射しを遮り、自然の風を取り入れ、

  呼吸する素材感溢れる内装を使い、涼しい暮らし。

 

 じめじめした長雨時期には、自然の風と光を取り入れ、

  調湿する塗り壁や無垢の木材と一緒に、快適で癒しの住まいに。

 

 そんな、四季を通して自然の心地よさと、

  少ないエネルギーで暮らせる生活をデザインする、

   自立循環型の住まいを、つくって行きたいと考えています。  

 

  省エネ・快適・健康

少ないエネルギーで、夏涼しく冬暖かな、空気が気持ち良いハイセンスな住まい

  • 光熱費を1万円以下に抑える
  • 冬はどの部屋も同じ暖かさ
  • 夏でもエアコンに頼らない
  • 梅雨時の湿っぽさがない
  • 子供たちがごろ寝する床
  • 自然素材で空気が気持ち良い

☆☆☆ What's new! ☆☆☆

  究極のエコ住宅

無垢の木と 塗り壁と パッシブデザインの家づくり

地域の自然と文化・伝統・技術を考慮した、昔ながらの伝統的な家づくりを大事にしながら、進化しつつある現在の材料や技術を学び、持続が可能な究極のエコ住宅を目指したところ、自立循環型住宅の「パッシブデザイン」の住まいづくりです。

 

パッシブデザインとは、

建物に採り入れられる自然エネルギーを最大限に生かし、人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

 

設計の段階から、地域特有の自然を考慮し、取り入れるべきもの、遮るもの、相応しい建物の性能を考えて、暮らしの心地よさを生み出し、同時に、省エネや光熱費削減につなげる家づくりのあり方です。 

 松島匠建 株式会社

 本物注文住宅設計・施工

■みどり本社事務所

 〒376-0103

 群馬県みどり市

 大間々町下神梅245-5番地

 TEL:0277-46-8041

■東町木材ストックヤード

 〒376-301

 群馬県みどり市東町沢入986

  設計・施工のエリア

群馬県みどり市・太田市・桐生市

   前橋市・伊勢崎市・高崎市

   館林市・安中市・渋川市

   沼田市・富岡市

   他群馬県内の各町村

栃木県日光市・宇都宮市・足利市

  佐野市・他栃木県内各市町村